加载中…
个人资料
穿膛
穿膛
  • 博客等级:
  • 博客积分:0
  • 博客访问:379,746
  • 关注人气:112
  • 获赠金笔:0支
  • 赠出金笔:0支
  • 荣誉徽章:
正文 字体大小:

【配色】HUE&TONE システム | NCD-WEB | 色彩心理·生活者研究

(2013-07-21 23:28:05)
分类: 设色:配色·流行
转载来自http://www.ncd-ri.co.jp/assets/templates/image/header_logo.gifシステム NCD-WEB 色彩心理·生活者研究" />

看不懂的同学结合这一篇:【配色】颜色印象空间;{转载} 




Hue&Tone(ヒューアンドトーン)カラーシステム


Hue&Toneシステムは、色相とトーンによって平面上に色を分類・整理したカラーシステムです。

「赤」という色名で思い浮かべるのはどのような色でしょうか。
バラの「赤」、ポストの「赤」それともトマトの「赤」?どれも「赤」ですが、並べてみればそれぞれ違う色であることが分かります。「赤」「青」「黄色」など普段よく使う色名であっても、どんな色を思い浮かべて使っているかは人それぞれです。
しかし、商品の色を決める時、正確に色を記録しておきたいときなどはこれでは困ってしまいます。そこで必要なのがカラーシステムです。
カラーシステムには、いろいろな団体が様々なシステムが存在します。"マンセル""PSSC"など耳にしたことがあるかもしれません。
NCDでは「Hue&Toneシステム」を作成し、活用しています。


Hue&Toneシステム

NCDのHue&Toneシステムは色を色相(Hue)トーン(Tone`色調)の二つの概念を使って表しています。

■色相-Hue

【配色】HUE&TONE <wbr>システム <wbr>| <wbr>NCD-WEB <wbr>| <wbr>色彩心理·生活者研究



色相(Hue)は赤、青、黄、緑など色味の違いのことです。
本来、色は境目なく徐々に変化しながら広がっているものですが、Hue&Toneシステムでは上のように10の色相に区切っています。
赤は「R」、黄色は「Y」など、アルファベットをつかった記号で表します。赤と黄の間の橙は「YR」です。
上の色相環ではそれぞれの色相に4つの色を並べています。明るさや鮮やかさが違いますが色相は同じです。




■トーン(色調)-Tone

Hue&Toneシステムの元となっているマンセルシステムでは、色相、明度、彩度の3属性によって色を表現しています。正確にいろを表現するには便利ですが、実は明度や彩度は色相によって数値にばらつきがあり、同じ彩度であっても、見た目の印象はバラバラということがおこります。
例えば彩度が14の赤はとても鮮やかな赤ですが、青の色相ではどんなに鮮やかにしても彩度11程度くらいまでしか出なかったり、逆に黄色では15くらいまでは表現できたりします。工学的な数値としては正しいのですが、心理的には同じに見えないといった状態です。
そこでNCDでは色の見え方を重視し、イメージが似ている色が同じ記号で表現できるようトーンの概念をつくりました。

 

【配色】HUE&TONE <wbr>システム <wbr>| <wbr>NCD-WEB <wbr>| <wbr>色彩心理·生活者研究

Rのトーン図

上の図はRの色相のトーンを表したものです。
右へ行くほど鮮やかに、上に行くほど明るくなっていきます。Hue&Toneの基本となるのがこの12トーンです。

もう一度色相環を登場させましょう。

【配色】HUE&TONE <wbr>システム <wbr>| <wbr>NCD-WEB <wbr>| <wbr>色彩心理·生活者研究

一番外側はビビッドトーン(V)です。マンセル値にすると、色相によって数値はバラバラですが、どれも「あざやか」というイメージでは統一されています。同じように、外から2番目はペールトーン(P)で、「あかるい」イメージで統一されています。

白、黒、グレーなどの無彩色は明るさのみで鮮やかさはないので、トーンはありません。







■Hue&Toneシステム

【配色】HUE&TONE <wbr>システム <wbr>| <wbr>NCD-WEB <wbr>| <wbr>色彩心理·生活者研究

Hue&Tone130

10色相、12トーン+無彩色をマトリクスにしたものが左の「Hue&Tone130」です。
これが基本ですが、実際に使う上ではより細かなものが必要となるので、ひとつの色相をさらに4つ(R、Y、PBは5つ)に、トーンを25トーンに分けた1093色の体系としてMMカラースケールを用意しています。

MMカラースケール

MMカラースケール(1093色)

カラープランニングやコミュニケーションはもちろん、カラー調査と統計処理の簡便化を可能にしました。
また、カラーデータのコンピュータ処理が可能となり、商品色や市場色、環境色などの特徴をグラフィカルかつ容易にとらえることができます。

■カラーデータ分析システム(事例)

Hue&Toneカラー分析  色相分析

0

阅读 收藏 喜欢 打印举报/Report
  

新浪BLOG意见反馈留言板 欢迎批评指正

新浪简介 | About Sina | 广告服务 | 联系我们 | 招聘信息 | 网站律师 | SINA English | 产品答疑

新浪公司 版权所有