加载中…
个人资料
用户3927611709
用户3927611709
  • 博客等级:
  • 博客积分:0
  • 博客访问:1,151
  • 关注人气:0
  • 获赠金笔:0支
  • 赠出金笔:0支
  • 荣誉徽章:
相关博文
推荐博文
正文 字体大小:

レッドストーン 育成代行 55

(2014-12-04 09:48:53)
标签:

レッドスト━

rmt

育成代行

。タンクから汚染水が漏れるトラブルが相次いだため、鋼鉄をボルトで留めただけの簡易なタンクから溶接型に代える作業があちこちで進められ、タンクの堰(せき)付近では雨がたまらないように屋根を設置する作業員の姿も見られた。  変わった所といえば、木々があちこちで切り倒されており、4つある原子炉建屋の姿がどの位置から見てもはっきり確認できるようになったことだ。  水素爆発で上部が吹っ飛んだ1、3、4号機は、事故当時の面影が外からはもはや感じられない。建屋カバーがきれいにかけられていて、平穏そのもののようにも見える。 ■期待かかる高性能ALPS  初めに公開されたのは4号機建屋の南方に位置する「モバイル型ストロンチウム除去設備」。ストロンチウムは放射性物質の中でも、骨にたまりやすく、がんを引き起こす。  10月2日から処理運転を開始しており、この設備が本格的に動けば、濃度を最大1000分の1まで低減できるという。  原子炉建屋の西側には、体育館がすっぽり入るような大きな建物が2棟並んでいた。1つは昨年3月からある既設の「多核種除去装置(ALPS=アルプス)」。もう1つは、最近増設したALPSだ。ALPSは、トリチウム以外の62核種の放射性物質を取り除くため、汚染水対策の“切り札”と位置付けられていた。  当初は、3系統あるALPSの本格稼働を今年4月に予定していたが、配管の腐食や放射性物質を除去するフィルターの故障など不具合が相次ぎ、延期を余儀なくされていた。  増設ALPSは9月から試験運転を開始。今のところ順調に推移しているという。  今回の目玉は、高性能のALPSだった。建物の中は、円筒状の装置や配管が並び、色調は明るく清潔な感じを受けた。  高性能ALPSでは、既設のALPSでは十分に取り切れなかったヨウ素129など4種類の放射性物質に対する除去性能が向上する。東電担当者はさらに「処理に伴い発生する廃棄物の量も9割程度削減できる」と期待をかけている。 レッドストーン 育成代行  すべてのALPSが動けば、1日当たり約2000トンの汚染水処理が可能だ。 レッドストーン RMT ■小野所長「必死になってやっている」  最後に、第1原発の小野明所長(55)が原発敷地の入り口にある入退域管理棟で取材に応じた。  記者の関心は、政府や東電が目標としている来年3月までに、現在タンクにたまっている汚染水計約36万トンがすべて処理できるかだった。残された時間を考えれば大変厳しい数字だ
Source: GRMT777

0

阅读 评论 收藏 转载 喜欢 打印举报/Report
  • 评论加载中,请稍候...
发评论

    发评论

    以上网友发言只代表其个人观点,不代表新浪网的观点或立场。

      

    新浪BLOG意见反馈留言板 欢迎批评指正

    新浪简介 | About Sina | 广告服务 | 联系我们 | 招聘信息 | 网站律师 | SINA English | 会员注册 | 产品答疑

    新浪公司 版权所有