加载中…
正文 字体大小:

[转载]常熟歴史の探索

(2014-01-27 12:18:40)
标签:

转载

原文地址:常熟歴史の探索作者:湛小宁律师

 

1.常熟博物館

 

常熟博物館は風光美麗な古城、虞山の東麓にある昔の賢者、仲雍と言子の墓の傍らにあり、敷地面積は6000あまり平方メートルで、建築面積は5300平方メートルで、七つの展示ホールや文物倉庫、事務ビルと補助室などの施設によって構成されている。1997年9月28日から正式的に開業したのである。それは収拾と貯蔵、研究、陳列または教育の機能を一体化した歴史芸術類の博物館である。博物館の收蔵は15000件ほどあり、その中に、5000年前の崧沢、良渚文化のものがあれば、新民主主义革命時期の各種類のの文物もある。収蔵は、基本的に、書画、陶磁器、玉器という三大類である。蔵品の数量からしても等級からしても全国の同じレベルも県と市 の中では、ぬきんでている。その中には書画155件、『中国古代書画目録』に収録され、良渚文化の玉器、六朝青陶磁器および明代の官窯陶磁器はすでに国家主催の第二、三次「中国文物精華展」に入選し、目録を編集されている。近年来、国内で出版された『美術全集』や『良渚玉器』、『四王画集』、『吴昌碩書画集』、『中国天文文物図録』、『仏教初伝南路文物図録』、『六朝芸術』などの文物図集にもその館蔵品が収録されている。館蔵の書、画、印、章の逸品が集まった『常熟博物館蔵玉』や『常熟博物館蔵法書集』、『常熟博物館蔵印』、『常熟博物館蔵玉』、『常熟博物館蔵画集』などの専輯は相次ぎ上海人民美術出版社や文物出版社と人民美術出版社によって、大々的に押し出されている。その博物館はまた学術研究や、人才の育ち、宣伝教育などにも力を入れている。1991年に建設予備處を設けて以来、それに主催された学術クォータリー『常熟文博』は七年に渡り出版しつつけてきた。『常熟文博』は地方の歴史の発揚と文物知知の普及に重点を置き、社会の有識者に好評を受けている。全館職員たちの中で、大学専門学校以上の学歴を持っているものはほとんどで、その多くは、保管、宣伝、鑑定、考古、修復などに一定の知識と技能を持っている。近年来、延べ百篇ほど、全国と省レベルの新聞や雑誌に学術論文を発表している。
2008年5月1日から無料開放して以来、常熟博物館は市政府や文化局の指導の元で、常熟文化のさらなる繁栄と発展を促進するために協力しする。それと同時に、博物館は館蔵と地方特色のある逸品や各種類のシングル蔵品展を押し出して、社会各界との密切な連絡と交流を図っている。
2008年3月から11月まで、常熟博物館の「陳館宝物選び」という活動が大々的に繰り広げられ、最終的に「十大陳館宝物」が選ばれた。それは、(1)良渚文化双竜聯体環形玉佩、(2)良渚文化神獣紋玉琮、(3)西晉青釉菱形紋三丁罐、提梁香薰、鶏骸㈦嘈∥荨⑷∥菀唤M、(4)元写本『楞厳経』、(5)明正德官窯青花纏枝牡丹紋宫碗、(6)明黄道周書『赵用贤文集序』手卷、(7)清王時敏『倣古山水』冊、(8)清王翬『芳洲図』軸、(9)清乾隆官窯琺瑯彩過枝芙蓉花紋盘、(10)清光緖官窯倣古瓷礼器、一組、である。
社会に向かい、門戸を開いて博物館を経営し、名城の歴史文化を発揚し、国内と国際の間の友好合作と交流を促進し、常熟の知名度を拡大することは、常熟博物館の現在と将来の責務で仕事の方針でもある。

 

 

 

 

 

2.仲雍の墓

 

仲雍の墓は常熟市虞山東麓に位置しており、常熟の歴史的考証によれば、もっとも古い墓とされて、今までは、3000年あまりの歴史を持っている。1956年10月18日に、江蘇省文物保護単位になっている。仲雍は虞仲ともいい、殷の末年の周という族の領主古公旦父(周太王)の次郎である。位を継ぐのを避けるために、お兄さんの泰伯とともに南方(今の無錫、常熟あたり)に逃げ、「髪を切って入れ墨をする」(断髪文身)、民とともに耕し、句呉という国を作った。泰伯は子供がなく、仲雍がその位を継ぎ、呉の君になった。死後は常熟烏目山に埋葬され、烏目山はそれで虞山に改名された。
仲雍墓の墓門は、山の麓にあり、乾隆年間に建てられたもので、「敕建先賢仲雍墓門」という文字が刻まれて、その背後には、「清権祠」があり、仲雍を祭っている。その後のアーチには、「南国友恭」と刻まれ、その背後には、「譲国同心」と刻まれている。扁額には、「先賢虞仲墓」と書いてあり、その背後に、「至德斉光」と刻まれている。すべては、乾隆年間に建てられたものである。墓穴には、石碑が三枚残っており、中に「商逸民虞仲周公墓」と刻まれているのは、明代のものである。

 

 

 

 

 

3.言子墓

高弟72人の一人で、文学はNO1。全体でNO9に位置ずけ。孔子の弟子の中で南方の人はただ一人。礼撙趣いθ胜壤瘠摔膜い皮伪兢驎い俊t敜喂钦治を助けたあと、南方に帰ってきて教えた。

孔子の弟子言子の墓で、常熟虞山の東麓にある。言子、名は偃、字は子遊で、常熟の人である。魯国で孔子を師とし、その勤勉さと文学で知られている。学を成してから南へ帰して、東南へ向かって出発したから、「南方夫子」と尊ばれている。
 言子墓は西漢(前漢(ぜんかん、紀元前206年 - 8年))に建てられ、数回の修復を経て、今日みたいな大きな規模になったのである。墓の玄関は北門大通りに面し、墓道は、山腰に達している。下から上への順でアーチが三つ建てられ、横額と柱の對聯が刻まれている。墓の門のアーチにある對聯は、「旧廬墨井文孫守,高隴虞峰古樹森」であり、その次に、乾隆の書いた横額「道啓東南」、「霊萃句呉」がある。三番目のアーチは雍正江蘇布政使の書いた「南方夫子」である。墓道にはまた石のあずまやが三つあり、康熙の御書の横額「文開呉会」がある。墓圏内に明朝、清朝の碑文が一つずつあり、「先賢子遊言公墓」、「先賢子墓」と彫刻してある。1956年10月18日に、言子墓は江蘇省文物保護設備と決められている。

 

 

 

 

 

4.辛峰亭

 

春秋戦国の時、呉の王様阖闾は軍隊を率いて斉国を攻めてきた。孫武の入れ知恵で伍子胥が阖闾に進言。「長男のために公女をいただきたい」と、もし拒否すれば征伐するつもりであった。斉国の斉景公がやむを得ず、末っ子の娘、孟姜を実質人質(政略結婚)に呉国に送った。孟姜は、ホームシックにかかり、、鬱々して病気になった。亡くなる前に、故郷を眺めるために、虞山に埋葬してくれと頼んだ。孟姜が亡くなってから、呉王は彼女の意志にしがたい、孟姜を虞山の辛峰に葬った。「辛峰」は、明代に付けられた名であるが、その「辛」には、「辛い」という意味があり、おそらく孟姜のことを偲んで付けた名ではないかと思う。

孟姜が亡くなり、夫の姫波も悲しみのあまり亡くなってしまった。
 「斉女、墓枯れて枯れ木が老いる」というのは、明代の詩人の描写である。今になって、斉女の墓はどこにあるのか分からなくなっている。南宋の時、辛峰に「望湖亭」というあずまやを建て、その後何回も修繕し、名も数回変えた。「極目亭」とか、「達観亭」とか、最後に「辛峰亭」に落ち着いたのである。
 常熟は湖の水郷である。古代の人は、蛟竜が出没して村に迷惑を掛けるという迷信に恐れて、川の両側に裸麦を植え、蛟竜の行動を拘束しようとした。裸麦の葉っぱは剣のようで、蛟竜はそれにあえてふれないと信じていた。辛峰亭を作るのも、蛟竜の災いを治めようとするものである。中には石碑があり、上に蛟竜を殺す許真君の肖像がある。石碑は今にも存在している。
 辛峰亭は六角の屋根で二階建ての構造である。造形は軽やかで端麗である。その形は、典雅な呉国のメロディーに合致していて、また常熟人と供になって、親しみを感じさせる。まさに虞山の代表的な建築である。
 辛峰亭に登って下を眺めれば、常熟の古城と新区は一望の元に納められる。南へ眺めると、また、二つの湖が目に飛び込んでくる。昆承湖は、ややもやもやして、宋代の詩人の徐次鐸の「極目亭」の詩のごとく、「幾点、帰帆は暮れる煙を破り、数行、雁の文字は、霞の辺に落ちる」である。尚湖は城と山を側にして、緑は広々と広げていき、波がきらきらと輝く。まさに黄公望の描いた絵のごとくである。
 虞山を仰ぎ見て、城壁外の山々は、緑をいただき、鳥は巣へ急ぐ。耳に自然の音が充満している。「耳清埃が到らず、あに図らんや、桃源郷を聞く」という明代の詩人王珙の名句は、ここでヒントを得られたではないかと思う。

 

 

 

 

 

5.虞山門

虞山門は辛峰の東側にあり、望海墩(虞山の最高峰)と城内の方塔の間にあり、昔の人はその場所を選ぶのに苦心したのが伺える。民間の伝説によると、古城と虞座員の関係は、なかなか興味深いものである。つまり、虞山(臥牛山)は、下界の神牛である。辛峰は牛の頭で、辛峰亭は、牛の角で、方塔は牛を繋げる柱で、山に沿った城壁は牛を繋げる縄である。神牛がいると、瑞の気が集まり、常熟は当然、毎年豊作である。
 常州の城壁は南宋建炎年間に建築したものである。至正16年、張士栅铣J欷蛘碱Iし、防御を固めるために、土の城壁を煉瓦造りにした。明朝嘉靖年間、倭寇は揚子江を通って侵入し、川沿いの常熟の村々を略奪して、城にも攻めてくる勢いであった。そのときの県長の王鈇は、県民に寄付を呼びかけ、城を建て、士気を高めるために、虞山門を鎮山門に改名した。現存の城壁は、1993年―2006年に建てもので、高さは7.68メートル,宽5.44メートルで、虞山門の上に重ね庇式の城楼がある。城楼は、古色蒼然で威風堂々である。
 「辛峰の夕日」は「虞山十八景」の一つで、虞山門は、その景色を観賞する最もよい場所である。
 黄昏には、黄色い城壁と緑の瓦である辛峰亭は、夕日に沐浴され、優雅で淑やかで、あたかも名家のお嬢様のようで、蓮を取る風采があり、梅の気品がある。
 山水と城と相まって、互いに照らし合うその景色を眺めると、清代の詩人、孫原湘の名句、「七水、香りを流し、閣を通り、半山、緑を飛ばし、城に来たる」を思わず思い出される。

 

 

6.興福寺

 

深山に古い寺が隠れる。虞山北側の山麓にある車や人々が溢れている現代化された大通りから古い墓や林の茂った、渓流がサラサラ流れている小道に入り、500メートルを歩けば、緑の中に隠れている黄色の塀が延ばしている。それは、興福寺である。
優雅な環境と広々した家屋、悠揚たる鐘の音、ユラユラしたお香は、来訪者に、「別の世界」に引き入れる。ここに来ると、人々はすぐ、心が静まり、自然の恩沢に感激を覚え、神様に敬虔な畏敬を感じて、思わず声をひそめ、歩幅を狭めろう。そのときに、人口に膾炙する唐代の詩人常建の五律、「破山寺後禅院」が思わず口ずさまれるであろう。
清晨古寺入り、初日高林を照す。
曲徑幽處に通じ、禪房花木が深し。
山光鳥性を悅み、潭影人心を空かす。
萬籟此俱て寂かになり、但余り鐘磬の音。
詩の中の「破山寺」は、目の前の興福寺である。唐代の詩人の詩には、破山寺がすでに「古い寺」である。指を折れて計算すれば、興福寺は、1500年の歴史を持っている。
興福寺の名前には由来がある。地方文献の記載によれば、仏教が盛んな南北朝の南斉時代、曾て郴州刺史的倪德光は、仏を信じるお母さんの願いに叶うために、「宅を捨して寺にせし」、自分の花園を寄付して寺院に建て替え、「大慈寺」に名付けた。また、その寺が破山澗の畔に建てられたので、「破山寺」とも呼ばれていた。梁の大同三年(537年)、破山寺を追加建設したとき、大雄宝殿の後殿から、際だった石が掘り出された。そのときの高僧は、目が鋭く、一目見て、その石の紋様は、「興福」という文字に暗合していると分かって、それからその石は、寺を鎮座させる宝物になった。興福石の名前が広く知りわたり、多くの信者や観光客が寺に来てそれを拝み、石を撫でて、仕事の振興や家族の幸せをもらおうとする。故に大慈寺は、興福寺に改名した。唐の咸通元年(862年)に、唐懿宗はわざわざ興福寺に大きな鐘を一つ賜り、九年にまた、「破山興福寺」という扁額を賜った。興福寺はそれでますます知られて、江南の名刹になったわけである。日本にも興福寺があり、70年代日本首相の田中角栄は周恩来首相に常熟の興福寺参観を願い出た。当時は文革の時であり、実現できなかった。

 

 

 

 

 

7.翁同ワ

翁同龢

翁同龢(おうどうわ、WengTonghe、1830年 - 1904年)。翁同和とも書く。字は叔平、号は松禅。晩年は瓶庵居士と号した。末の政治家?書家翁同書の弟。

江蘇省常熟出身。父の翁心存咸豊?同治期の大学士咸豊帝?恭親王奕訢の師であった。兄の翁同書は安徽巡撫に至ったが李鴻章らに弾劾された。これにより後年、李鴻章と厳しく対立することとなった。

1856年状元となり、同治帝光緒帝の師を務めた。官職は工部尚書?軍機大臣?総理各国事務衙門大臣に至った。1873年楊乃武と小白菜事件では判決に疑義をはさんだため、西太后は再審を命じた。このため事件は「両湖派」と「江浙派」の対立に発展した。

帝師という立場から皇帝の政治思想に深い影響を与え、1889年に光緒帝が親政を始めると馮桂芬の『校邠盧抗議』を提出し、西洋の学問の重要性と穏健な改革を説いた。

1884年清仏戦争では劉永福を支持し、1894年日清戦争では主戦論を唱えている。

変法邉婴撙蓼毪取康有為を光緒帝に推薦した。しかし戊戌の変法の直前に西太后は光緒帝に迫って翁同龢を解任させてしまった。その後、故郷で病死した。文恭の諡号が贈られた。

著作に『瓶庵詩稿』『翁文恭公日記』『翁文恭公軍機処日記』などがある。書の分野においても著名であった。晩年には書の代筆に趙古泥を起用している。

 

 

 

 

 

8.柳如是の墓

尚湖北岸、中山路南側の花園浜に位置されて、銭牧齋の墓から南約50メートルにある。柳如是(1618—1664)の本姓は楊で、名字は愛である。後ほど柳に改名し、名字は隠、又は如是で、号は河東君でる。元は江淮の有名な遊女で、広く読書しており、詩、文、書、絵に精通している。彼女は国の興亡に関心を寄せ、「女傑」の誉れを持っている。後ほど銭謙益の妾になり、明朝がなくなった後、密かに「反清復明」邉婴瞬渭婴贰⒏撙っ褡鍤莨潳蚴兢筏皮い搿G澶慰滴跞辏1664)に、銭謙益がなくなり、家の変化が激しく、柳如是は首つりで自殺し、銭謙益の門人によって拂水山庄の西側にある秋水閣の庭園に埋葬された。著書に、『戊寅曹』、や『湖上草』、『柳如是尺牘』などがある。今、墓は南向きで、湖を背にしている。敷地面積は500平方メートルで、土の高さは1.1メートルだる。周りには羅城があり、前に「河東君の墓」の碑が一本建てられている。また、石亭が一つあり、亭の柱に柳如是の書いた「浅き深緑、水琴の中で聴き、遠き近き、青山の画に見る」という対聯がある。今は、省レベルの文物保護対象である。

 

 

 

 

 

9.銭謙益の墓

 

銭謙益の墓は、尚湖北岸の中山路南側の劉神浜にある。銭謙益(1582-1664)、字は受之、号は牧斎で、何年は号を東澗遺老ともいう。常熟人である。明の万歴38年、進士になり、翰林院編集に任せられ、位は、崇禎朝礼部侍郎と南明弘光朝礼部尚書で、有名な蔵書家、文学者である。東南文壇の祭酒に推薦されたことがある。著書に、『初学集』、『有学集』、『開国群雄事略』、『列朝詩集小伝』などがある。亡くなってから拂水山荘の西側のお父さん銭世揚の墓、昭穴に埋葬された。墓の元の範囲は広く、墓道や拝む台、石坊などがあり、後に壊れ、建国後何回も修繕した。現存する墓は、南向きで、背後に山有り前に湖ある。面積は、743平方メートルで、墓の高さは1.3メートルで、羅城で囲む。墓の後ろに清代嘉慶年間の書道家銭泳の書いた「東澗老人之墓」という書があり、また、民国の時に建てた「銭牧斎先生墓」という碑が二つある。墓の前に新しく立てた石のあずまやがあり、その柱に銭謙益の對聯、「遺民老いて孤花在りに似たり、旧跡閑随旧き燕尋ねる」が刻まれている。今は、省レベルの文物保護部門である。

 

0

阅读 评论 收藏 转载原文 喜欢 打印举报
  • 评论加载中,请稍候...
发评论

       

    发评论

    以上网友发言只代表其个人观点,不代表新浪网的观点或立场。

      

    新浪BLOG意见反馈留言板 不良信息反馈 电话:4006900000 提示音后按1键(按当地市话标准计费) 欢迎批评指正

    新浪简介 | About Sina | 广告服务 | 联系我们 | 招聘信息 | 网站律师 | SINA English | 会员注册 | 产品答疑

    新浪公司 版权所有