加载中…
正文 字体大小:

小学日语课本

(2017-01-06 13:57:56)
标签:

育儿

文化

教育

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本
小学日语课本

小学日语课本

小学日语课本

从日本中小学课本学日文-文本1~8课

第1课

刺身(さしみ)

日本は四方が海に囲まれ、新鮮な魚介類がたっぷりとれます。だから、とった魚を生で食べる料理が発達しました。生に近い方が、食材本来の味がわかりますし、栄養も壊れません。以前は魚介類だけでしたが、明治以後に、肉食が一般化されてからは、牛とか馬の肉も刺身にして生で食べるようになりました。鳥刺しと言って鳥の刺身やレバ刺しという肝臓の刺身まであります。しかし、生ものは細菌が繁殖しやすいので注意をしないと、食中毒になります。

本课请注意格助词的用法

は、が、を、も、に、だけ、ので、から、まで、とか

第2课

そば

そばは日本特有の麺類です。そばは植物の一種で、小麦粉を混ぜて面にします。そばは栄養が非常に豊富です。忍者の非常食料もそば粉と小麦粉が主原料でした。しかし、煮る時にお湯の中に栄養が流出します。そばの煮汁はそば湯として飲用します。蕎麦屋(そばや)では店員に言えば無料で出してくれます。好みにより、薬味、葱、七味唐辛子、山葵、海苔などを入れて食べます。尚、洋菓子のモンブランも俗称でお蕎麦(そば)と呼ばれることがあります。

本课请注意惯用形用法

~にする、~として、~てくれる、~により、~ことがある

植物/しょくぶつ 食物/しょくもつ 这两个词的读音不同

第3课

丼物(どんぶりもの)

?どんぶり?とはご飯を入れる大きなお碗のことで、上におかずを載せたものを丼物と言います。丼物には天丼、カツ丼などがあります。諸外国で一番有名なのは、日本でもチェーン店が多い牛丼かも知れません。外国との違いは女性が一人で入ることがまずい点です。日本以外の国では、女性がどこで食事をしても、自由なようですが、日本では男性向け、女性向けの区別があります。女性が丼物を一人で食べないのは、もともとがお膳に乗せた正式料理を食べる時間のない労働階級の人の食べ方だからです。仕事の合間に、ヘルメットをかぶったまま地べたに座ってかき込むように食べるのが普通で、女性が食べるには下品と見なされるからです。

本课请注意下面句型

~には~がある。 ~かもしれません。 ~のは~だからだ。

重要词:女性向け、男性向け、外人向け、学生向け 等等

第4课

寿司(すし)

寿司は日本料理ですが、起源はタイだそうです。もともとは魚を米につけて一緒に発酵

させる保存食だったそうです、タイ

では米は食べませんが、日本では一緒に食べるようになりました。発酵には時間がかかるので、即席でつけるために、ご飯に酢を混ぜるようになりました。それが日本特々の酢飯です。酢飯の上に魚だけでなく、いろいろなネタを乗せて食べるようになり、今の形になったそうです。握り寿司、関東、巻寿司、関西のほかに丼にした散らし寿司もあります。

本课请注意下面句型

~だそうです、~のようです、~ようになった、~だけでなく

第5课

和菓子(わがし)

和菓子とは、日本伝統のお菓子です。和菓子も寿司などと同じく職人によって作られてきたお菓子です。渋くて苦味のある日本茶と共に食べるため、甘さが強いのが特徴です。反対はケーキなどの洋菓子です。もともとは明治時代以後に外国から伝わったものが発展してきたものです。ですから、その前に伝来したヨーカンや月餅などの唐菓子,ポルトガルから伝わり発展したカステラなどの南蛮菓子も和菓子の範疇に入ります。和菓子は伝統的世界ですが、特別な規定はなく、毎年職人によって新しい創作菓子が作り出されています。

本课重点句型-被动语态

~によって+动词被动式

~から伝わってきた=~から伝来した

动词的被动式:童鞋们记得

作る-作られる 出す-だされる 買う-買われる 書く-書かれる 立つ-立たれる 死ぬ-死なれる 呼ぶ-呼ばれる 読む-読まれる する-される 用いる-用いられる 超えるー超えられる 禁じる-禁じられる 等等。忘记了就再复习一下。

第6课

人形焼(にんぎょうやき)

人形焼は数ある和菓子の中の一つです。浅草が本拠地でした。中に餡が入っているものとないものの二つがあります。餡はこし餡や粒餡、あるいは抹茶餡などがあります。中には洋菓子のカスター??クリーム、シュークリームの中身が入っているものもあります。浅草寺などの屋台で売っているものはその場で焼いたものなので、すぐに食べないと風味が落ちます。しかし、箱に入ったものは工場で量産されたものなので、一ヶ月ぐらいの保存ができます。

本课强调“もの”作为代词时的用法,是日语中常用的表现方法,应熟练掌握。

第7课

納豆(なっとう)

納豆は大豆を納豆菌によって発酵させた日本の食品。納豆も起源は中国で、豆腐と同じように大豆から作られます。しかし、中国から輸入された納豆と現代の糸を引く納

豆は同じではありません。納豆はかき回し,糸をたくさん引いた方が美味

しいし、酵素が増えて体にいいです。発酵して作るので、臭みがあり、また、粘々しているので、嫌だといって食べない人もいます。特に、関西の人には、納豆を食べる習慣がありません。しかし、栄養は豊富で、風味があり、諸外国にも輸出されるまでになってきました。

本课重点

〇使役态 ~によって~をさせる  〇~は~から作られる

〇~と言って~  〇~までになって来る

第8课

たこ焼(たこやき)

たこ焼は関西が起源で、小麦粉の生地の中にたこの小片を入れて

焼き上げた日本の料理です。関西では男女問わずにたこ焼きの作り方を知っている人が多く、家庭には必ずたこ焼き板が置いてあるそうです。簡単な料理に見えますが,出し汁や小麦粉などの比率が非常に難しいです。小麦粉が少ないと固まらず、多すぎるとモサモサして美味しくないです。ですから、関東では自宅で作れるものとは認識されていません。関東では店が少なく、お祭りなどの夜店で食べることが多いです。反対に、関西では、あちこちにある庶民のおやつです。

本课重点 ~では~、~では~/用于比较两种情况 例 南方雨多而北方雪多。/南の方では雨が多く、北の方では雪がよく降る。

~と~、~と~/也是用于比较,但通常是两个相反结果的比较,童鞋们自己注意看课文。

第9课

天ぷら(てんぷら)

天ぷらも日本料理ですが,起源はポルトガルです。エビや魚などの魚介類、あるいは茄子や玉葱などの野菜類に衣、小麦粉をつけて、高温の油で揚げます。天ぷらを浸して食べる汁は?天つゆ?と言います。好みにより、大根おろしやもみじおろし、唐辛子を入れた大根おろしも入れます。魚のすり身を揚げたものを天ぷらという地方もあります。これはもともと西日本の方言で、標準語では「天ぷら」とは言いません。標準語では、この料理を?さつま揚げ?と言います。

本课重点 ~を~と言う

表示列举 ~や~などがある

第10课

お酒(おさけ)

お酒は穀物や果物を発酵させて作ります。日本酒を発酵させる主原料は主に米です。上質の日本酒は最上質の水で作られるので、口当たりが非常にいいです。世界的に普及しているお酒はビールですが、これは麦芽を発酵させるので、漢字では「麦酒」と書きます。最近の日本では、ビールが課税対象となり、値段が上がり、庶民の

手に入りにくくなりました。そこで、ビールと味をそっくりにした発泡酒が人気です。発泡酒は原価が安く

、税率もビールより低いので、一大勢力となっています。

本课重点讲解-仙天洞

已经学了10课,童鞋们感觉如何?

本课是使役态。一起复习一下动词的使役式:以 う、く、す、つ、ぬ、ふ、む、ゆ、る、う 的顺随便举几例

買う-買わせる 笑う-笑わせる 味わう-味わわせる 書く-書かせる 行く-行かせる 出す-出させる 打つ-打たせる 死ぬ-死なせる 遊ぶ-遊ばせる 読む-読ませる 以「 ゅ」 结束的动词没有 食べる-食べさせる 来る-来させる(こさせる) 撮る-撮らせる する-させる 等等

又,「麦芽」读「ばくが」、不读「むぎめ」、「麦酒」读「ビール」、不读?むぎざけ?

「麦茶」读「むぎちゃ」、不读「ばくちゃ」

第11课

駅弁(えきべん)

駅弁とは駅で売っている弁当のことです。しかし、町でも買える普通のお弁当を駅で売っているわけではありません。もともとは、旅の人のために、地元の名産をお弁当にしたものを駅で売っていたのです。ですから、弁当箱の形から、食材、調理方法などがその駅とくとくのものが売られています。駅によって、特色が違うので、これら、全国の駅弁を一つずつ食べるのが、趣味の人や、食べ終わった箱とか、弁当の表紙、箸袋などを収集する人もいます。

本课重点 ~わけではない/造个句吧-我俩并不是夫妻/われわれは夫婦のわけではない。

“これら、全国の駅弁を一つずつ食べるのが、趣味の人や、食べ終わった箱とか、弁当の表紙、箸袋などを収集する人もいます。”

很不好的文章,它是想说“有爱好者,把全国的车站便当一个一个地吃,还有的人竟收集用后的便当盒,便当的包装纸和装筷子的纸袋。

第12课

お握り(おにぎり)

お握りも、丼物などと同様、簡便化した食事方式です。丼物よりはるかに簡素で、主食で副食、おかずを包んで出来ています。箸も要らず、片手で食べられます。西洋のサンドイッチやハンバーガーと同じです。食べやすいだけでなく、弁当のように型崩れせず、弁当箱も不要で,かさ張らないため、日本では遠足の日には、お握りを持っていくのが普通です。外見から、たね、中身の種類が分かるように、丸,四角、三角などに形を変えるのが普通です。たねには鮭,白子、梅干,お果がなどを入れます。

本课重点句型-要らな

い-要らず、しない-せず 承接下一句子

第13课

和服(わふく)

和服の和は、日本の別称ですが、時には呉服とも言います。これは三国

時代の時に呉の織物や着物の縫製方法が日本に伝わったことにあるとされます。呉は中国の服という意味です。和服は動きにくいですが,特々の美観を持ち,動きの制限が逆に特殊な身のこなしを必要とします。だから、茶道や花道或いは日本剣術などにおいても、正式な練習着としても、今でも使われています。又、初詣、成人式、お宮や結婚式などの式典では,いまだに多用されます。和服そのものではありませんが,柔道着や空手にも和服が改装して出来たものです。

本课重要句型

~ことにあるとされます  ~必要とします  ~においても

重要单词 ~着 例:練習着/运动装 普段着/便装 中山着/中山装 水着/游泳装

第14课

下駄(げた)

下駄はもともと日本の履物で和服に合わせて履きます。しかし,人の可視前までは、男が学生服に合わせて履くと、粗野な人という悪い印象がありました。これを「蛮柄」といいます。以前は、身細で、砂利の道路を歩くには、歯がついた高い下駄は便利でした。しかし、舗装された道路を下駄で歩くとうるさいので、だんだん下品なイメージになったのです。しかし、和服を着る機会の多い女性が下駄を履くことは依然多く、又、女性が履くと可愛らしいので、人気が回復しているそうです。

本课重点句型 ~をすると~になる

第15课

浴衣(ゆかた)

浴衣は和服の一種で、よく夏に着用します。正式な和服は、女性では振袖です。しかし、特に女性の振袖は、着るのが大変で、髪も正式な日本髪にして服に合わせます。又、動きにくく、トイレも大変です。そこで、清涼で簡便な浴衣がよく着られています。浴衣は薄い一枚の服と帯だけで着るのが簡単です。それに髪も普通のままで構いません。夏祭りや花火見物には、浴衣を着た若い女性がとても多いです。洋服姿だけを見られていると、ちょっと浴衣を着れば、又別人のように可愛く見える人もいます。

本课重点 よく~をする  ~が(も)大変だ  ~のままでいい

~のようにみえる  そこで  それに 的用法

第16课

和服を着る職業(わふくをきるしょくぎょう)

落語家や相撲とり、芸者と言った日本古来からの職業では、和服が仕事着です。あるいはお茶やお花などの伝統芸能でも、必ず和服

で稽古します。又、和服そのものではありませんが、柔道、空手、剣道などの日本の武術、武道、スポーツでは和服を基調とした練習着を着用します。和服は束縛が多いので、動きにく

く、着崩れしやすい服装です。しかし、身に付けていると所作が細やかに、姿勢が美しくなるという利点もあるのです。

本课重点 和服そのものではありませんが~、这种表现已第二次见面。可理解为“虽不是真正的和服,但样似和服”

仕事着/工作服

着崩れしやすい/易穿着失败

第17课

花見(はなみ)

花見というのは、花を見ながら散歩することではなく、桜を見ながら宴会することを指します。桜を見ながら、食べたり、飲んだり、歌を歌ったり、踊ったりします。桜は日本の国花です。美しい花びらが吹雪のように狂い咲き、夢のように散っていきます。花はわずか一週間の命です。毎年、桜の咲く春になると天気予報では南から北に移動していく桜前線を必ず報道します。雨や強風で桜が散ってしまわないように、皆が心配するからです。

本课重点 ~をしながら、~たり、~たり、…する。表示多种动作同时进行

~が~しないように(にならないように)~(心配、期待、希望など)します。表示愿望,相当于“希望不要变成那样的结果”的意思。

第18课

お花見(おはなみ)

日本で行われる行事の花見とは、郊外で散歩しながらいろいろな花を見ることだと思われがちですが、実際には桜を見ながら食べたり、飲んだりすることを指します。言わば、宴会の変化形態のひとつなのです。労働階級ではない頭脳労働者がいい格好をした大人が背広を着たまま、ござを敷いて座り込み、昼から公共の場所で公然とお酒を飲むわけです。よく考えれば、単独でやったらかなり爆笑な場面です。こんな習慣があるのは、世界でも珍しいと思われます。しかし桜でなければ、酒の肴とはならないのです。

本课重点 ~思われがちです。(常常被认为…)

珍しいと思われます。(被认为罕见)

いい格好をする。(一幅好模样)

第19课

紅葉狩り(もみじがり)

紅葉狩りは秋の行事です。春ににぎやかな宴会をするお花見と違い、秋の紅葉狩りは郊外をゆっくりと散歩します。「狩る」というのは、紅葉を拾うことを指します。花見らと違い、紅葉はずっと保存することができるからです。日本では、秋になると、湿度が高く、暑かった夏が急に涼しく澄んだ空気に変

わります。これを日本では「天高く馬肥ゆる秋」と言います。この時期暑くも寒くもなく、山々の枯れ葉は赤や、黄色や茶色に変わります。この美しい季節には郊外を散歩するのが最適です。

本课重点 “郊

外を散歩する”与“郊外で散歩する”的区别

前者是“往往复复漫游郊外”,后者只强调“在郊外散步,而不是其他地方”

秋になると、湿度が高く、暑かった夏が急に涼しく澄んだ空気に変わります。这段话,请注意时态。一定要看得懂!还有这里的“湿度が高く”,是指秋天呢?还是夏天?

第20课

温泉(おんせん)

日本は火山脈が大変多いので、地震が多い国です。しかし反面、温泉が多く湧きれています。日本では治療のためよりも、娯楽活動の一つとして、温泉に行く人が多いです。だから、ただの風呂屋さんよりは遥かに設備が清潔で完備しています。どこも客の需要を知り、駅弁と同じく自分なりの特徴を売りにしています。温泉の地熱で煮込んだ温泉玉子なども売っています。

本课重点 ~屋=~店 例:本屋=书店 八百屋=蔬菜店

お風呂屋=澡堂 等等。当然,在后面加一个“さん”,意思一样。

第21课

花火(はなび)

花見は花火主を呼んで、正式にある花火大会から、個人である小さい花火までいろいろあります。諸外国では、新年にやることが多いですが、日本では祭りと共に夏の風物詩です。花火大会同日の夕方頃から、浴衣を着て団扇を手に見物する男女が多く、ドラマやアニメなどにもよくその様子が出てきます。打ち上がる花火は、暑い夏を涼しくしてくれます。しかし、花火大会ではどこへ行っても人が多すぎで、せっかく行っても、いい場所が取れないなどの問題は花見と一緒です。

本课重点 ~と共に  「浴衣を着て団扇を手に見物する男女」请注意这句话的简练性:“浴衣を着て団扇を手にした見物する男女”的简略。

場所をとる  席を取る  地位を取る   せっかく~

~をしてくれる。

0

阅读 评论 收藏 转载 喜欢 打印举报
已投稿到:
  • 评论加载中,请稍候...
发评论

    发评论

    以上网友发言只代表其个人观点,不代表新浪网的观点或立场。

      

    新浪BLOG意见反馈留言板 不良信息反馈 电话:4006900000 提示音后按1键(按当地市话标准计费) 欢迎批评指正

    新浪简介 | About Sina | 广告服务 | 联系我们 | 招聘信息 | 网站律师 | SINA English | 会员注册 | 产品答疑

    新浪公司 版权所有