加载中…
个人资料
hang
hang
  • 博客等级:
  • 博客积分:0
  • 博客访问:19,445
  • 关注人气:39
  • 获赠金笔:0支
  • 赠出金笔:0支
  • 荣誉徽章:
访客
加载中…
好友
加载中…
评论
加载中…
留言
加载中…
分类
博文
置顶: (2012-01-24 10:20)
标签:

杂谈

 

 



阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 


林平之的相片。

 

林平之的相片。

阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 

奈良時代をイメージした衣装=奈良市、森井英二郎撮影







阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 

明 大紅織金胸背麒麟圓領    袖通長139厘米 衣長119厘米 (明時代 十六世紀 妙法院藏)

阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 







阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
更新ちょっと間が空いてしまってすみません~。
三月半ばに引っ越すので荷物と格闘してるところです。
やっと終わりが見えてきて
事務手続きも片が付いた感じでほっとひといき…。



「牛若丸の髪型」について検索されて
こちらへお運び下さった方がいらっしゃるようなので

[中古小児の髪風]のとき脇に描いて、そのうち色塗ろうと思って放置してたやつですが
とりあえず載せておきます~。(「結い方」ではないのであれですが…)

■唐輪(からわ)と兒髷(ちごわげ)
もとは若党(元服後~若年の武士)の髪型で、平安末期ごろから。平治絵巻などに見られます。
髻(もとどり)の末を片輪あるいは諸輪(
阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
幞頭というと、日本の官人の冠のもとになったものですが
ちょっと構造というか、よくわからない気がしたので
唐代まで飛んで予習してきました~。




◆名称 幞[巾+菐]頭 (襆[ころもへん+菐]頭)ボクトウ
異称、『折上巾』『軟裹』、唐代には青黒色の羅紗を用いるようになったことから『烏紗帽』ともいう。(烏=黒。カラス色。)
秦漢時代から高貴な男性は冠帽の類を用いたが、身分の卑しい者は単なる布で頭を覆うのみであり、各地方で呼び名も違った。北周の武帝が初めて『帕頭』を服制に取り入れて被り方を定め、常服に合わせるものとした(『北周書/武帝紀』)。『幞頭』は唐代からの名称。

◆基本の被り方
(1)髻(キツ、もとどり)の上に巾子
阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 

前回記事はこちら:
唐代の幞頭とそのバリエーション
幞頭の基本はこちらでご覧下さい。

 今回は、伝?聖徳太子像の幞頭を見てみます。

この絵は天武朝ごろのものとされ、
描かれているのが太子かどうかも判然としません。
装束も、推古朝のものではないでしょう。
日本のものではないのでは、という説もあるようです。

けれどもここでは、
「おそらく日本でもっとも認知度の高い幞頭」
としてこの絵を取り上げました。

少なくとも、「これが太子でもおかしくない」と後世の人が認識したということは、
高貴な姿であるということだし。

阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 

服衣領紙版

 








阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 

明 斗牛補青羅袍

衣長137厘米, 衣腰寬55厘米,衣袖通長243厘米,衣袖寬38厘米

圓領,右衽大襟,濶袖,前胸,後背各綉綴一方形補子,補紋圖案正中飾一盤踞在嶙峋山石上的彎角蠎身的神獸,周圍彩綉五彩流雲,海浪波濤,此獸在明代被稱為'斗牛',裝飾有斗牛紋的袍服是明代皇帝賜予臣下的賜服。





阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
  

新浪BLOG意见反馈留言板 电话:4006900000 提示音后按1键(按当地市话标准计费) 欢迎批评指正

新浪简介 | About Sina | 广告服务 | 联系我们 | 招聘信息 | 网站律师 | SINA English | 会员注册 | 产品答疑

新浪公司 版权所有