加载中…
图片播放器
个人资料
heshigetu_fm26e
heshigetu_fm26e
  • 博客等级:
  • 博客积分:0
  • 博客访问:1,678
  • 关注人气:2
  • 获赠金笔:0支
  • 赠出金笔:0支
  • 荣誉徽章:
访客
加载中…
好友
加载中…
评论
加载中…
留言
加载中…
分类
博文
(2011-11-16 22:47)
标签:

杂谈

第2届東京国際诗歌节





阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
标签:

转载

   2011年诺贝尔文学奖得主瑞典诗人托马斯.特兰斯特默(Tomos transtromer)1931年出生于斯德哥尔摩,出版诗集十余卷,他的诗歌被翻译为三十多国家文字。曾多次获得国内外大奖。1954年出版的第一本诗集《诗十七首》轰动瑞典诗坛,成为瑞典诗坛上的一件大事。
阅读  ┆ 评论  ┆ 转载原文 ┆ 收藏 
(2011-09-26 19:51)
标签:

杂谈

第2届東京国際诗歌节

 于2011年九9月10-11日在日本国明治大学駿河台校区的自由大厅举行。日本诗歌界的著名诗人、届世界俳句協会的主席夏石番矢先生倡导并组织了这次活动。

 9月9日下午的欢迎会上,日本的20多位诗人和来自中国、蒙古国、韩国、澳大利亚、美国、匈牙利、以色列、台湾等十五个国家地区的16个诗人各自朗读了诗歌和俳句新作,在日本长野县学习的来自中国内蒙古的年轻马头琴演奏家乌日更特意前来演奏了悠扬的马头琴曲,赢得了在场的所有人的掌声。

 诗歌节和俳句协会大会共进行了两天,会议是在轻松、愉快的气氛当中举行的,没有领导的讲话,只有诗人的朗读和演讲。日本的谷川俊太郎、岡井隆、八木忠榮、夏石番矢等20个詩人、歌人、俳人朗诵和演唱外,来自中国内蒙古的诗人贺西格图和朝鲁门朗诵了诗歌和俳句,还有来自蒙古国的策·哈达,韓国的女流詩人李珍明、匈牙利的女诗人巴库修·菲林斯,新西兰的杜格·陶拉木海拉,、台湾的呉昭新,立陶宛的库如涅里鲁斯·布拉德里斯、保加利亚的拜塔鲁·丘毫伏和来自中国西安的金中等人举行了诗朗诵。

 

阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
(2011-06-01 10:31)
标签:

杂谈

ジャハノド ·ヘシゲト 

バヨード ·フホムチル 

 

心のバランス

 

 

ガルマジャブとデジデソ夫婦の喧嘩はただ一言から燃え始め、いまなお離婚するまで持ち込まれた。

ガルマジャブは大学を卒業してもう十年になり、いまは自治区政府の官庁の秘書の職を背負っている立派な青年である。彼の毎日のおもな仕事は上司の講演の原稿を書き、書類の下書きを起草し、地方の各部門にくだす指示などを用意するのである。また彼は常に上司に従って、地方に視察しに行き、あるいは他の省(日本の県のレベルの行政単位)に出張する。妻のデジデソは本当に家庭の主婦と言うべききびきびした女性である。子供を幼稚園に送り、燃料の運び込み、食事を作るなどのすべての日常的な家事を怠らずにやり遂げる。彼女は勤勉な家庭主婦のみならず、印刷工場の熟練した労働者でもある。彼女は何年間続けて印刷工場の活字を拾うコンテストのチャンピョンにもなっていた。特に彼女の拾った活字には間違いがほとんどないので、モンゴル語

阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
(2011-06-01 10:29)
标签:

杂谈

 おばと狼

 

 

ジャハノド ·ヘシゲト 

バヨード ·フホムチル 

 

昔ではなく、いまでもなく、丁度その年のその秋にできた物語である。その年のその日のその地に起きた実際のこと――本当のことだよ、わが友よ。そして口から口に、村から村に、島から島に伝わり、昨日私の耳に入ったばかりで、今日はあなたに言い聞かせよと走って来ているのがこれだ。

豊かな財産があり、うるわしい原始的な自然が広がり、まぼろしの神話に富む、とあるアメリカの一つの国の小さな山のふもとにジョージという金持ちが住んでおり、この金持ちに何人かの黒人の奴隷がいた。この奴隷たちの中にマグリットママという六十歳になりかけているおばがいた。おばはいくら六十歳になりかけ、髪の毛が白くなってきていても、真っ白なきれいな歯を輝かせて笑うのを見れば、人にせいぜい四十歳ぐらいだという錯覚を与える。マグリットママがジョージ老人に黒でもなく、白でもなく、ハーフ色の十三人の子供を

阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
(2011-06-01 10:27)
标签:

杂谈

報われた根性

 

ジャハノド ·ヘシゲト 

バヨード ·フホムチル 

 

僕は、その負傷した鹿を撃たなければ良かった。まさにこれが僕の最後の狩りになるとは誰も思っていなかった。狩猟禁止の法律が公布され、武器を全部没収したが、僕だけがまだ銃を使う権利を持っているので、たまに狩りをしたくなってわくわくとする時に、銃を担いで昔狩猟をしていた山林の茂みに潜り、獲物を漁って歩く。たまにヘラジカやノロなどが出会うが、ただ冷たい銃口をかれらに照準し、弾を填めていない銃の引き金を「カチャ」と鳴らし、「ポン」という銃声の真似をして悪戯して音を出し、生き物たちを驚かして遊ぶだけで、実際に発砲したことは一回もなかった。ところで今日は僕は一体どうしたのか自分でも解らず、その鹿を見た時点で胸が躍り、目がじろじろし、手のひらが痒くなり、占有欲の炎が燃え上がり、手に入れたい貪婪の目で罪悪な銃の照星(しょうせい)を覗き込み、負傷したこの鹿を照準して思わず引き金を引いてし

阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
(2011-06-01 10:21)
标签:

杂谈

 

トホム河の思い出

 

 

 

 

 

 

 

ジャハノド ·ヘシゲト 

バヨード ·フホムチル 

 

   

 豊かな秋ののどかなシーズンに、トホム河の両岸に生い茂る、牧草の揚げる小波(さざなみ)から秋の音が長らくなびく。幾群れの肥え太った毛色の艶やかな馬たちがハーレムごとに分かれ、河畔をのんびりと漫ろ歩きする。渡り鳥たちは、秋の涼しげに刺激され、暖かい南方へのノスタルジアが醒め、南へ向かう途中で、この大自然に恵まれた裕福なトホム河に降り立ち、思う存分魚介類を食らい、体力と栄養分を補う。目の前に展開される、かくの自然の生き生きとした絵巻きに、誰でも心身どもに溶け込まれそうになるのだろう。

 河の周辺の数十キロメートルに人気(ひとけ)もなく、人家も見えない。あちらこちらに不規則に、立

阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
标签:

杂谈





阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
标签:

杂谈



阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
标签:

杂谈





阅读  ┆ 评论  ┆ 转载 ┆ 收藏 
  

新浪BLOG意见反馈留言板 电话:4000520066 提示音后按1键(按当地市话标准计费) 欢迎批评指正

新浪简介 | About Sina | 广告服务 | 联系我们 | 招聘信息 | 网站律师 | SINA English | 会员注册 | 产品答疑

新浪公司 版权所有